小児科,アレルギー科あらたこどもクリニック

〒272-0826 千葉県市川市真間1-13-7 真間レジデンス2F

電話:047-329-3229 ファックス:047-329-3228

ここに文章を入力してください

こどもの病気

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

◆症状◆
1)耳の下(耳下腺)が腫れて痛がります。
2)腫れは約10日でひきます。
3)熱は3~4日で落ち着きます。


◆うつる期間◆
腫れがひくまでは他の子にうつります。
(発病前7日から発病後9日まで)


◆家庭で気をつけること◆
1)食事:酸っぱい物やかまなくてはいけない物は避けましょう。
(牛乳・味噌汁・ポタージュスープ・ゼリー・おかゆ・豆腐など)
2)入浴:急性期や熱がある時、食欲がない時は入浴を控えましょう。


◆こんな時はもう一度診察を◆
*頭痛が強く何度も吐く時
*熱が5日以上続く時
*耳の下の腫れが赤くなった時
*睾丸を痛がる時


◆合併症◆
髄膜炎・睾丸炎・卵巣炎・難聴

◆登園・登校◆
医師の許可が必要です。
耳の下の腫れがひいたら診察を受け、許可を得てください。

 

みずぼうそう(水痘)

◆症状◆
水をもった赤い発疹が、口の中から陰部・頭の中・全身にでます。

◆うつる期間◆
水をもった赤い発疹があるうちは他の子にうつります。

◆治療◆
発疹は2~3日でピークになり、その後乾いて黒いかさぶたになります。
平均して一週間位でよくなります。。
かゆみ止めのぬり薬と飲み薬を処方します。


◆家庭で気をつけること◆
1)かゆみ:ひっかいてかきこわさないように爪は短くしておきましょう。
2)入浴:水泡のある期間は控えましょう。
3)食事:口の中にできると痛いので、しみるものは避けましょう。


◆こんな時はもう一度診察を◆
*発疹が赤くはれて化膿した時
*ぼんやり・ぐったり・元気がない時
*4日以上の熱が続く時


◆登園・登校◆
一週間位たって、ブツブツが全部かさぶたになったら診察を受け、許可を得てください。

 

りんご病(伝染性紅斑)

◆症状◆
ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病と呼ばれています。
1)太ももや腕に、赤い斑点やまだら模様ができます。
2)頬がほってり、少しかゆくなることがあります。
3)熱はでません。(大人の場合には、微熱が出たり、腰や膝が痛むことがあります。)


◆治療◆
自然に治りますが、かゆみが強い時にはかゆみ止めを処方します。

◆家庭で気をつけること◆
1)食事:いつも通りでかまいません。
2)入浴:入浴はできますが、熱い風呂に長く入ると赤みが強くなって長引くことになるので、
短時間の入浴にしましょう。
3)運動:運動で体が熱くなったり、日光に長く当たると長湯と同じように、赤みが長引きます。


◆こんな時はもう一度診察を◆
*かゆみが強くなった時
*高熱がでた時
*元気がなくなった時


◆登園・登校◆
頬が赤くなった時は、すでにうつる時期を過ぎているので、行ってもかまいません。
しかし、真っ赤な頬なら2~3日休むほうが無難でしょう。

麻疹

◆症状◆
1)はじめ2~3日は、熱・咳・鼻水・目やになどの風邪症状とおなじです。
そして、一度、熱が下がり、再び高熱が出ると同時に全身に発疹ができます。
2)発疹が現れてからも、さらに4~5日、高熱が続きます。


麻疹の有効な治療はありません。
予防は「ワクチン接種」だけです。まだ接種していない方は、なるべく早く受けましょう。
効果が出るまでに一ヶ月程かかります